So-net無料ブログ作成
検索選択

釜山少女暴行殺害:自白を引き出すのに成功したコンビ

クォン・イルヨン警衛と凶悪犯罪担当のパク・ミョンフン警査パク警査がキム被告に人間的アプローチ、涙を流して自白 釜山で起きた女児暴行殺害事件で逮捕されたキム・ギルテ容疑者が犯行を自白したのは、「警察コンビ」の功績が大きかった。警察庁から派遣されたプロファイラー(犯罪心理分析官)のクォン・イルヨン警衛(警部に相当)=45=と、釜山沙上警察署凶悪犯罪チームのパク・ミョンフン警査(巡査部長に相当)=49=の二人だ。 キム容疑者が犯行現場付近に隠れている可能性が高いと予想し、容疑者検挙に一役買ったクォン警衛は、キム容疑者が取り調べ開始から4日たっても黙秘を続けていたため、13日夜に切り札を使った。ウソ発見器による検査を提案したのだ。これに従い、捜査本部は14日午前、ウソ発見器による検査を行った。 「今回は通用する」というクォン警衛の予想は的中した。検査を終えて戻ってきたキム容疑者は、「ウソ発見器の結果がどう出ると思うか」というクォン警衛の質問に対し、「わたしも分かっています。目に見えているじゃないですか」と話し、うなだれた。キム容疑者は「あの方を呼んでください」と切り出した。キム容疑者が呼んだ人物は、パク・ミョンフン警査だった。パク警査は今月10日以降、取り調べを行いながた、キム容疑者と最も友好的な関係を作っていたためだ。 陳述録画室で取り調べを受けていたキム容疑者は、パク警査の顔を見るなり、急に涙を流した。「もうだいぶ時間もたったことだし、全部打ち明けろ」と話すパク警査に、キム容疑者は袖で涙をふきながら、「わたしが全部やりました」と陳述した。パク警査はキム容疑者をなだめながら、キム容疑者の言葉を黙って聞いた。パク警査は「娘が二人いるが、二番目の娘は死んだイさんと同い年(13歳)だ。気の毒に思うが、犯人も人間のため、人間対人間の関係でアプローチした」と語った。釜山=アン・ジュンヨン記者

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

パピー星人

ヤリマンから5万円もらったww
http://iMaGEOff.NeT/kx/cohvpo6
by パピー星人 (2010-05-24 14:30) 

モロキュウ


ホテル入ったとたんに押し倒されたぞ!!
お口でビンビンにさせられて即 挿 入!!しかもナ マ 中 出 し!!

そのまま満足いくまでセク~スして、報 酬 7 万置いて帰ったしwww
ゆとり世代なのか知らんけど、最近の女の子って凄すぎるなwwww
http://toy.PizaPizahiza.net/g7esuoo/
by モロキュウ (2010-05-30 10:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。